STOVEコンロについて

ホーム  >  コンロについて

How to chooseビルトインガスコンロの選び方

ガスコンロがキッチンに組み込まれたビルトインガスコンロは、この10年ほどで、製品の見た目はもちろん、お手入れ性のしやすさ、万が一の火災に備える安心機能など、格段に向上しています。
最近のビルトインガスコンロで標準的になっている機能や、おすすめ機能・特徴と選び方をご紹介します。
ビルトインガスコンロの選び方のポイントをおさえて、交換工事にお役立てください。

ビルトインガスコンロは
ここまで進化しています!

新しいビルトインガスコンロは、安全面、グリル、バーナー周り、コンロ機能など、各段に進化しています。

ビルトインガスコンロはここまで進化しています!
1 安全面

2008年より安全センサーつきガスコンロに関する安全基準が変わり、全口に温度センサーと消化機能が搭載されたSiセンサーコンロが標準となりました。新しいビルトインガスコンロはセンサーが鍋底の温度を感知し、温度が上がりすぎるとガスを自動的にストップするなど、安全面でもさらに高い水準を誇るものとなっています。

2 グリルの進化

従来、グリルは水を張って使うものでしたが、新しいビルトインガスコンロは、水を使わず、一気に上下から火を入れる両面焼きが標準です。
両面焼きのグリルは、食材をひっくり返す必要がなく、短時間で食材を美味しく焼き上げることができます。
また、水を張らないため、お手入れのしやすさも格段にアップしています。

3 バーナー周りの進化

「汁受け」がなくなり、吹きこぼれもさっと拭き取れるフラットな形状。また、ゴトクは取り外しやすく、コンパクトで汚れにくい形状。この形状が新しいビルトインガスコンロの標準です。

4 コンロ機能

セットした時間で消火するタイマー機能と、火力を一定の温度で保つ温度調節機能。料理を楽にしてくれる便利機能が一部機種を除きほぼ全てのビルトインガスコンロに標準搭載されています。
この他にもコンロ部、グリル部ともにさまざまな便利で使いやすい機能があります。
お住まいのガスコンロのタイプにより、ビルトインガスコンロの設置・交換に対応できるものとできないものがあります。
さらに詳しい製品特徴を確認しながら、最適なビルトインガスコンロを選んでいきましょう!

交換可能であるかを確認

設置ビルトインガスコンロが新しいもの交換対応可能かチェック

ガスコンロには、据置タイプ(ガステーブル)やビルトインなどいくつか種類があります。現在設置されているコンロの種類によっては、ビルトインガスコンロへの交換が難しい場合もあります。
まずはお住まいのコンロがどのタイプかチェックしてみましょう!

ガスコンロのタイプの違いと特徴比較

ガスコンロの設置タイプは大きく分けて3つ(据置・セクショナルキッチン・ビルトイン)に分類できます。それぞれの設置タイプで、ビルトインガスコンロに交換できるかどうかが異なります。詳細は「ガスコンロのタイプ別特徴とビルトイン交換工事対応一覧」の表でご確認ください。

ガスコンロのタイプ別特徴と
ビルトイン交換工事対応一覧
ガスコンロの設置タイプ 特徴と交換工事の際の注意点 ビルトインガスコンロへの交換工事対応の可否

据置

独立したコンロ台の上に、据置型のガスコンロが載っているもの。
コンロの交換を行う場合には、据置型コンロの新しいものへ置き換える形となります。
ビルトインガスコンロへの
交換はできません。

セクショナルキッチン

ガスコンロがコンロ台と一体化した特殊なタイプ。
コンロ部分の交換を行う場合は、後継機種への交換となります。
このままではビルトインガスコンロへの交換はできません。ビルトインガスコンロへの交換を希望される場合には、コンロ台ごと交換する必要があります。
ビルトインガスコンロへの交換は可能です。ただし、コンロ台ごとの交換が必要です。

ビルトイン

システムキッチンのワークトップ(天板)にガスコンロが埋め込まれるように設置されています。ビルトインガスコンロへの交換が可能で、基本的にはどのメーカーの機種にも交換できます。

※ガスオーブンが設置されている場合は下記を参照ください。

ビルトインガスコンロに
問題なく交換が可能です!
ガスオーブンの有無でのビルトインガスコンロ交換比較

ビルトインガスコンロの下にガスオーブンが設置されている場合、ビルトインガスコンロ交換」「そのまま残す」のどちらにするかで、ビルトインガスコンロ選びが異なります。また、交換工事の際にオーブンを取り外して収納庫にすることも可能です。

ビルトインガスコンロの下にオーブンあり
オーブンも新しいものに交換 ビルトインガスコンロの交換と一緒にガスオーブンの交換もする場合には、既存のオーブンのメーカーを気にすることなく、お好きなメーカーの機種をお選びいただけます。ただし、ガスコンロとガスオーブンのメーカーは揃える必要があります。
オーブンをそのまま残す 既存のガスオーブンを残して、ビルトインガスコンロのみを交換する場合には、新しく設置するビルトインガスコンロのメーカーを、残すオーブンのメーカーに合わせる必要があります。コンロとオーブンを別々のメーカーにして設置することはできません。
オーブンを収納庫に変える ガスオーブンを取り外し、新たに収納庫を設置することも可能です。その場合は、新しく設置するビルトインガスコンロは、どのメーカーにも交換が可能です。
※詳しい設置の可否はお見積りの際に行います。
ビルトインガスコンロの下は収納庫

もともと、ビルトインガスコンロの下が収納庫である場合は、既存のビルトインガスコンロのメーカーには関係なく、どのメーカーのビルトインガスコンロにも交換が可能です。
※詳しい設置可否はお見積りの際に行います。

RANKINGビルトインガスコンロ 売れ筋人気ランキング

ビルトインガスコンロ シリーズ
総合ランキング

デザイン、価格、充実な機能バランスに優れた当社の人気No.1
デザイン、価格、充実な機能バランスに優れた当社の人気No.1
No.1

ミドルグレード

リッセ

落ち着きのある上品な4色の天板展開が男性、女性問わず人気のリッセ。ダブル高火力やスモークオフ、オートグリルといった便利な機能が標準搭載されており、さらに、グリル庫内の汚れを防ぐココットプレートが付属しているので、お手入れ性能が高いのも人気の理由です。

ハイグレードモデルの人気No.1!充実の高機能ガスコンロ
ハイグレードモデルの人気No.1!充実の高機能ガスコンロ
No.2

ハイグレード

デリシア

多彩なグリル機能で、広がる料理のレパートリー!コンロオートメニュー搭載で、人気料理を誰でも簡単に自動調理できます。最高級ビルトインガスコンロにふさわしい、洗練された上質なデザインも人気のシリーズ。

ベーシックグレードながら、充実のグリル機能&簡単お手入れ!
ベーシックグレードながら、充実のグリル機能&簡単お手入れ!
No.3

スタンダードグレード

ファミ

オートタイプにグリル庫内への油はねを防ぐクックボックス(グリルプレート波型+油はねガード)が付属!天板には親水性コーティングが施され水で汚れを浮かせるからサッと拭くだけ!グリル庫内のサイドカバー着脱、排気口落下物ガードに加え、ラックリングゴトクやカバーレスバーナーキャップも採用でさらにお手入れが簡単に。

ガス機器・家電設備・水まわり・住宅リフォームに
関することなら、
エネスパートへご相談ください。

出張費やお見積りも無料です。お湯が出なくてお困りの方、今すぐご連絡ください!
エネスパートは西東京市に店舗をかまえ、
地域密着のガス機器専門店として、ご自宅までお伺いいたします。

pagetop